NISAのキャンペーンを比較!口座開設のおすすめはどこ?

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、非課税期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という非課税期間の期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、公募投資信託あるいは上場株式投資信託ETFであることなどに限られています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAが始められるのは2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品を総合的に判断したり経済や景気がどうなるとどういう変化が起こるのかの予測ができておく必要があります。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

といったことはよく言われていますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きは可能ですのでご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。NISA口座を開設して始める場合にはキャンペーンが用意されている場合もあります。

参考:NISA口座開設キャンペーン比較!【2018年おすすめは?】

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

なぜならNISAには最長5年間という非課税期間の期限が決められているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

NISAをどのように使うのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAでの投資信託は初心者向けと言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株だと、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、投資できる数は限られてきます。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAの口座開設キャンペーンを考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番人気があるのは証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を無料にするというものもありますし、キャッシュバックなどがある証券会社もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAについて詳しく説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券がオススメです。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型になります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、ネット証券がおすすめです。