弁護士の転職なら

ひとつは法律事務所・弁護士事務所に勤務するか、企業の法務担当として勤務するかです。
法律事務所・弁護士事務所に勤務する場合はさらに「独立して事務所を起こす」か「既存の事務所に就職する」かの2通りに分かれます。
弁護士資格を取得してもそのまますぐに事務所が経営できるかといえば、信用・知名度・経験の面から非常に難しいので、実際は「既存事務所に就職」→「独立」というのが妥当な転職ステップアップ経路になります。
法律事務所も個人の事務所から比較的大手の総合法律事務所、ある方面の法務に特化した事務所などがありますので、自身の経験、実績を考えながら転職先を探すべきでしょう。
企業の法務部門に転職する場合は、その企業の中途採用基準に大きく依存します。